LOVE MUSIC

音楽好きなフリーター君の趣味ブログ♪
好きなバンドや音楽関連の動画を載せてます(・v・)v
   
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
VAMPIRE
VAMPIRE (JUGEMレビュー »)
9mm Parabellum Bullet
RECOMMEND
ぶっ生き返す
ぶっ生き返す (JUGEMレビュー »)
マキシマム ザ ホルモン,マキシマムザ亮君
オンラインCDショップ
134×80 bouncecom用 セブンアンドワイ                                                           Sony Music Shop TSUTAYA online
ブログランキング
      にほんブログ村 音楽ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 音楽ブログ PV・CDレビューへ
かんたん相互リンク
     
あわせて読みたいブログパーツ
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RSSリーダーに登録
My Yahoo!に追加
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
MOBILE
qrcode
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ジミ ヘンドリクス

        upCheke this out His guitar playup



ジミ・ヘンドリックス(James Marshall "Jimi" Hendrix, 1942年11月27日 - 1970年9月18日)はアメリカワシントン州シアトル出身の黒人ロックギタリスト。通称「ジミヘン」。

ギターを歯で弾いたり、ギター自体に火を放ったり、破壊したりするパフォーマンスやボディやネックを叩いて弦を共鳴させフィードバックを起こしたり、トレモロユニットのスプリングを弾いて不思議な音を出したりと、ギターから発生するあらゆる音を演奏に利用していたことはあまりにも有名です。

一般的に、ギタリストとして語られることが多いですが、常に新しいサウンドを模索しており、ギターに執着しているわけではなく作曲者・アレンジャー・レコーディングエンジニアとしても才能を発揮し、歌手としても味わい深く表現力に富んでいます。

ヘンドリックスのプレイスタイルについては、破天荒なアクションが取り上げられることが多いが、基本はあくまでブルースR&Bに根差し、これにジャズのコードやスケールを加えたベーシックなものです。ただし音の選び方やフレーズの展開は従来からのブルースやR&Bの枠に収まらないような画期的なものでした。

後に登場してくるハードロック/ヘヴィメタル系ギタリストに比べると、ヘンドリックスのソロプレイは特に速弾きとは言えませんがギターという楽器が本来備えている音に加え、大音量に付随する電気的なノイズまでも駆使し、音色を刻々と変えながら、まるで自分の手足のごとくギターを扱い、即興で感情の高まりを表現していく能力により、現在もヘンドリックスに並ぶロックギタリストは出現していないとも評価されています。
ライブ演奏からスタジオワークまで革命的と言えるような多彩なサウンドを生み出し、緩急自在のフレージングは、多くのハードロック/ヘヴィメタル系ギタリストに欠落しているタイム感のコントロール(いわゆるタメとツッコミ)により、聴き手に与えるスピード感は高く、凡百のギタリストの追随を許しません。


奇抜なファッションや派手なステージアクション、機械によるサウンドエフェクトにばかり頼っているのでは…という批判もありましたがエリック・クラプトンは「一度目をつぶって演奏に耳を傾けてみればいい。ジミがどれほど優れたミュージシャンであるか分かるはずだ」、あるいは「僕とジェフ・ベックが二人がかりでいっても、ジミにはかなわないだろう」と最大級の賛辞を送っています。
ジェフ・ベックは「好調な時のジミを超えるギタリストなどいるはずがない。「自分がギタリストであることが恥ずかしくなるよ」と語っています。


ヘンドリックス自身「機械ばかり使っていると言われるが、ステージ上で起きていることは機械がやったのではない僕がやっているんだ」と反論している。

 現在ではロックギターの代名詞的なモデルとなっているフェンダー・ストラトキャスターですが、ヘンドリックスが登場した頃には使用するミュージシャンはほとんどおらず、生産中止の噂もあしました。
しかしヘンドリックスが使用することによってストラトキャスターの知名度が一気に上昇し特にストラトキャスターのシンクロナイズド・トレモロ・ユニットによる驚異的なサウンドマジックは、世界中のギタリストの度肝を抜きました。


ヘンドリックスの存命中にストラトキャスターを使用するフォロワーはほとんどいなかったのですが、死後にはエリック・クラプトンジェフ・ベックリッチー・ブラックモアなどがストラトキャスターをトレードマークにし始め、ヘンドリックス以降数多くのロック、ブルース系のギタリストがストラトを使用したことで、ソリッドボディのエレクトリックギター=ストラトと言えるほどポピュラーになりました。

ヘンドリックスは右利き用のストラトキャスターを逆さまにして弦を逆に張り左利き使用としており、左利きでありながら右利き用のギターを逆さまに使用することで、3つのコントロールノブが上側にくるため、演奏中に左手で自在にノブを操作し音質を変化させるという独特の奏法も生み出しています。

ちなみにギターは左利き、書字は右利きと、変則的な利き手でもあったらしいです。

当時世界の三大ギタリストと言われていたエリック・クラプトンジェフ・ベック、ジャズ界の巨匠マイルス・デイビスまでを絶賛させ、多くのミュージシャンがジミをリスペクトし、曲をカバーしています。
27歳といった若さでこの世を去って30年以上経った現在でも、「天才ギタリスト」としてギタリストはもちろんの事、多くのミュージシャンに大きな影響を与え続けています。


ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログへ
参考になりましたらクリックお願いしますm(..)m


こちらがジミヘン仕様のギターですdown



BODY: ALDER
NECK: MAPLE OVAL TYPE,324SCALE
FRETBOARD: MAPLE CAP,184R,21F
PICKUPS: VINTAGE(U.S.A)
CONTROLS: 1VOL,2TONE,5WAY SW
BRIDGE: STEEL BLOCK S8F VINTAGE
MACHINE HEAD: Schaller F-KEY


その他ジミヘンモデルはこちら




           upCheke this out Jimi Hendrix CDsup



ハワイのジミヘン!?ジェイク シマブクロ

⇒無料PV視聴はこちら


アフィリエイトで稼ぐならInfotop下


エドワード・ヴァン・へイレン

        upCheke this out His guitar playup



エドワード・ヴァン・ヘイレン (Edward Van Halen 1955年1月26日-)はアメリカのハードロックバンドVan Halenのギタリスト、作曲家、音楽家で通称「エディ・ヴァン・ヘイレン」とも呼ばれます。

右手の指で弦をはじいて音を出す「ライトハンド奏法」をロックに取り入れた立役者で、速弾きアーミングなどのテクニックも取り入れアメリカハードロックのスタイルを確立させました。

アイディアマンとしても知られており、電気ドリルをギターのピックアップの近くで鳴らして独特の音を得たり、いわゆる「付点8分ディレイ」といわれるディレイの使い方を考案したりもしていました。

他にも本来シングルコイルが使われているストラトタイプのボディにハムバッカーのピックアップ、フロイド・ローズ・トレモロ・ユニットを載せて使うなど、今では一般的になったギターの構造を広めたのも彼でギターのほかにはヴァイオリン、ピアノも演奏することができます。ヴァン・ヘイレンの曲のPVの中で自身が実際にキーボードを演奏している様子が映し出されているものもあります(「ジャンプ」「ノット・イナフ」「ホウェン・イッツ・ラヴ」など)。

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログへ
参考になりましたらクリックお願いしますm(..)m


こちらがエドワード・ヴァン・ヘイレン モデルのギターです下



Charvel® USA EVH Art Series Guitar
・Basswood body,
・bolt-on quarterswan Eastern hard rock maple neck with specially formulated oil finish,
・Maple fingerboard,
・1 5/8"nut width,
・22Jumbo frets,
・25 1/2" scale,
・custom wound EVH humbucking pickup,
・Floyd Rose® Original tremolo,
・ chrome hardwere.


その他エドワード ヴァン ヘイレンモデルはこちら




           upCheke this out Van Halen CDsup



⇒無料PV視聴はこちら

アフィリエイトで稼ぐならInfotop下


オンキヨー公式ショッピングサイト e-onkyoe-onkyo オンキョーサイバーショップ       
SPONSORED LINKS